建築模型・住宅模型の事なら名古屋デコキカク

建築模型でスムーズなプレゼンテーション

住宅建築の白模型を中心に製作いたします。

HOME

INDEX

HOME 模型の作成事例 建築模型の価格と種類 建築模型とは 質問と答え お客様の声 概要 問合わせ

住宅模型のリンク 利用規約 プライバシーポリシー

建築模型とは


建築模型について

建築で利用される模型は、スタディと呼ばれる細かな表現を省いたシンプルに骨格を
確認するための模型から、完成模型と言われる実際の建築物の色やかたちを忠実に
表現したものまであります。
このスタディ模型と完成模型との間にもさまざまな段階の模型があり、
模型の利用は、建築の計画段階に合わせたものをセレクトし製作されます。
素材はスチレンボードなどの柔らかな加工性があるものから、アクリルや金属など
専門的な知識が必要な素材があります。

建築模型について

発泡 スチレン発泡素材に上質紙を両面に張り合わせた素材です。
簡単に加工ができ、一般的によく利用させている素材。
色紙を表面に張り合わせることで、色付きの模型も制作が可能。
スチレンボードは湿気に弱く、反りがでやすいので乾燥した日の当らない場所で
保存するようにしましょう。
表面が紙であるため、汚れがつきやすいため、加工時には汚さないように注意が必要です。

発泡 天然木の柔らかな素材。
模型用に薄く加工した材もあり、板張りの表現や細い桟の表現など細かい表現ができる。
ナチュラルな木の表情を大切にした住宅などの表現に向いています。
チーク材などの素材もあり、重厚感のある仕上げも作る事ができます。


発泡 専門の模型製作会社などで利用されている素材。
硬質で、カッターなどによる加工が難しくレーザー加工機などでカットして組み立て、塗装をして仕上げる。
表面をレーザーで加工することで、タイルなどの立体的な表情が作り出せ、シャープでリアルな仕上がりが
期待できます。
塗装での仕上げは、実際の色に近い色表現が可能で、まさに建物そのものの縮小版が可能。
狂いがあまりでないため、長期保存ができマンションの販売促進や長期の展示などにお薦めです。

種類

展示 マンション販売などに一般の方が理解しやすいように製作された模型。
色を付けて実際の色調に合わせる場合が多い。
また、工場などで製造工程を説明するために、模型で表現したりするなど
様々な場面で利用されている。

検討 建築の計画段階で、ラフに製作される模型。
完成型ではありませんが、模型を作ることで窓の配置や屋根勾配の雰囲気など
より理解するために作られます。素材はシチレンボードを使った
白いシンプルな場合が多い。

外観 外観を中心に製作した模型。
実際の建物のスケール感が理解できる。色付きのものは
完成時の施主へのプレゼントとして利用する場合もある。

分解 建物内部が分かりやすいように外観だけでなく内部も表現したもの。
内観の表現は、住み手の立場にたった視点で室内を確認できる。

地形 ダムの計画や、護岸の整備計画などを模型で表現する。
実際の高低差や見晴らしなどの検討や確認などさまざまな場面で利用される。

構造 建物などの外観のイメージだけでなく、柱の中の鉄筋の配置や厚みなどの構造を模型で表現したり、
自動車部品やエンジンの構造を断面模型で見せたりする模型。

次へ トップに戻る

お知らせ

お得に模型をご注文

建物のこと

建物探訪 住宅模型の製作過程 道具 利用方法の提案 建物の用語