建築模型・住宅模型の事なら名古屋デコキカク

建築模型でスムーズなプレゼンテーション

住宅建築の白模型を中心に製作いたします。

HOME

INDEX

HOME 模型の作成事例 模型の価格と種類 建築模型とは 質問と答え お客様の声 概要 問合わせ

リンク 利用規約 プライバシーポリシー

模型作りでよく利用する材料

模型作りで欠かせない道具や材料をご紹介。
色々な素材を知ることで、模型の表現の幅が広がります。

貼り付け

■スチノリ
スチレンボードでの模型作りで欠かせない存在。
欠点は、乾きが遅く、粘度が高く糸を引きやすい。
■木工用ボンド
木材はもちろんですが、スチレンボードにも使用できる。
速乾性のタイプは大変重宝します。
■アクリサンデー アクリル用の接着溶剤。
アクリル同士を接着する場合に使用し、液状で気化もしやすいので取り扱いが
難しい。

スチノリ アクリサンデー

貼り付け

■カッターナイフ
カーターは模型作りで欠かせない存在です。色んなタイプのものが
販売されていますが、一般的なものは45度の刃のタイプですが、
角度が30度のタイプは細かい作業が多い場合に使いやすい。
製作しているとだんだん切れ味が悪くなってくるため、惜しまず
新しい刃に切り替えたほうが、作業がスムーズに進みます。
■アクリルカッター
アクリル専用のカッターで、硬いアクリルを削るようにカットします。
また、アクリルに模様を付けたい場合などにも利用します。
■ステンレス定規
薄いステンレス製の定規で、寸法を測る事はもちろんですが、プラスチックや木材などの定規と違い
スチレンボードを切る場合などに重宝します。

ステンレス定規 カッター

貼り付け

■サンドペーパー
サンドペーパーは、アクリルなどの硬質素材を平滑にする場合や
丸みを出すために使います。
また、粒子の細かいサンドペーパーは、模型作りで誤って汚してしまった
■棒ヤスリ
棒状であることで、サンドペーパーでは手が届きにくい個所の
加工などに向いている。

サンディング器 サンドペーパー

サッシ

■スチレンボード
建築模型の定番素材。発泡スチレンに白い上質紙を張り合わせてあり
加工が容易でありながらシャープな表情が出せるのが魅力。
サイズは、1mm〜7mmまでとさまざまなサイズが販売されており、
模型作りで一番よく使われています。
欠点は、反りが発生しやすく、製作時には問題がなくても
時間が経つと反りが目立って出てくる場合があるので要注意。
■塩ビ板
塩化ビニールの略です。すこし青味がかった透明で、アクリルに比べ
柔らかく、加工がしやすい。住宅のガラス窓や手すりなどを模型で表現する場合に使われる。
■アクリル
アクリルの特徴は、硬質で無色透明から白や赤などの種類がさまざまあるため、使い方によって
使い分ける。アクリルの展示用透明ケースでのよく利用されている。模型本体もアクリルで作る場合も
あり、塗装も可能で実物に近い色で模型を仕上げる事ができる。また狂いが少ないため長期展示に向いている。

スチレンボード

次へ トップに戻る

お知らせ

お得に模型をご注文

建物のこと

建物探訪 住宅模型の製作過程 道具 利用方法の提案 建物の用語